実店舗までのアクセス、
および当店の沿革をお知らせ申し上げます。



■ 実店舗営業品目

□ 印  鑑:個人印鑑(実印・銀行印・認印)・法人印鑑(実印・銀行印・角印)・落款印・蔵書印

四角の印鑑=角型実印

□ ゴム印:住所印・小切手印・社印・氏名印・日付データー印・雅印

□ 印  刷:名刺・はがき・挨拶状・封筒・伝票・シール

□ 表  札:瀬戸物・ひのき・大理石・セラミック・金属・プラスチック

□ 筆  耕:表彰状・感謝状・宛名書き


先々代・須貝唯祐が明治37年(1904)頃、
京橋にて創業したものであると思われます。

翌明治38年(1905)6月の眞砂座の筋書に
当店の宣伝が掲載されておりますので、
創業時期はあくまで推定です。

唯祐は昭和24年(1949)の春に72歳で亡くなり、
その年の秋に小生が生まれます。

従って小生は祖父に会ったことはありません。

写真も当家にはほとどんど残っておりません。



創業の地・京橋を振り出しに、
その後八重洲、田村町(現・西新橋)を経て、
昭和45年(1970)に先代・須貝信夫が
西麻布の地にて須貝印店を開業します。

平成3年(1991)夏、現在地への移転を機に、
須貝洋一が当代店主として現在に至っております。


須貝印店 店主敬白